効率化が出来るツールやアプリを使って手抜きする方法

仕事や趣味で役立つツールやアプリについて紹介しているサイト

Link

共有にも便利!クラウドでサクサク保存しよう

仕事をする上では、どのぐらいの量をできるだけ無駄なく回していくか、またその計画立てが重要視されます。
タイムイズマネーとは聞いたことのある人の多い言葉ですが、仕事ではまさにそのような意識で動くことを求められます。
仕事の配分や、時間で区切らない方法では気づかないうちにロスが積み重なっているものです。
あまりにキチキチと管理しすぎることを息苦しく感じる人も少なくないですが、要は配分の仕方にあるでしょう。
苦しくならない程度の時間配分や量を心がけながら期日までに終わらせることがとても大切です。

仕事は多くの場合チームプレイなので、自分が与えられた仕事をこなすことは前提ですが、1人の仕事だけ完了すれば良いというものでもなく無駄は出て居たり負担が偏っている場合はうまくいきません。
こうした無駄なロスや負担の偏りを無くすためにも、プロジェクト毎にタイムリミットや役割分担、それにかかる時間配分などをできるだけ細かく決めて取り組むことが大切です。
最初はそうしたスケジューリングに時間が取られるものですが、一度形が決まってしまえば次からは中身を変えることで応用できます。

会社の体制やトップの考え方などによってはなかなかこのようなスケジューリングについて重視しない場合もありますが、可能であれば実行することで個人それぞれが働きやすくなる方法の1つでしょう。
仕事をする上での個人1人1人のパフォーマンスは、仕事への満足度や良い環境によって作られます。
誰もが与えられた役割をこなし、不当な偏りが出ないような環境を前提に効率化していくことが重要です。

▲ TOPへ戻る