仕事や趣味で役立つツールやアプリについて紹介しているサイト

効率アップで仕事のパフォーマンスを上げる

大きなデータも取り扱うことができる

クラウドサービスを介したデータ保存は今や一般的と言えるまでに普及しています。
ひと昔前だと、送信や受信にひと手間かかってしまうような大容量のデータも、クラウドサービスなら手早く送受信することも保存することもできます。

一部を除いてほとんどのクラウドサービスは、一定のデータ量まで無料で使えるものも多いので個人で使う分にはこれでも十分でしょう。
仕事で使う場合は、会社が利用料を支払って共有で使うことも昨今多くの会社が採用しているもので珍しくありません。

クラウドを介したデータ保存の良いところは大きなデータでもほぼ瞬間的にやり取りできるところです。
大きなデータとなると、データの移動や持ち出しに時間のかかっていた時代がもはや嘘のようですね。

クラウド保存の注意点

とても便利なクラウドサービスですが気を付けたい点もあります。
クラウドサービスはネット上での管理となるため、常にネットワークと繋がっています。
そのためハッキングやウイルスなどの危険性がゼロとはいえません。

もしろん、クラウドサービスを提供している会社はセキュリティ面では万全の態勢で常に監視しているのでそうそうトラブルが起きることは考えられませんが、重要なデータをやり取りしたりするにはバックアップを別でとっておいたり、そもそも重要なデータについてはクラウド管理しないという方法を選択する場合もあります。

全ての記憶処理はクラウドで可能ならとても便利ですが、セキュリティの面では不安要素もあることを覚えておきましょう。


▲ TOPへ戻る